最終課題「ゲンロンSF新人賞」【実作】

ゲンロンSF創作講座第四期も今回で最終回。開催自粛で、異例に延びた執筆期間の間に何れ劣らぬ受講生達の最終実作が出揃いました。候補作はゲンロンサイトで読むことができます。

今回はメインパーソナリティの伊藤、復活した升本に加え、高橋文樹、名倉編がゲスト参加いたしております。

評価

4人が各自、気に入った作品を2作ずつ選び、最終選出作品から最多得票となった3名がダールグレンラジオ賞に選ばれました。果たして、どの作品が賞を射止めたでしょう! 数日後に迫る本線講評前にぜひお聞きください。

最終課題「ゲンロンSF新人賞」【実作】
ダールグレンラジオ #4

 
 
00:00 / 2:19:19
 
1X
 

投稿者:

イトウモ

イトウモ

1990年生。劇団の主宰、塾講師、新聞記者などを経て〈ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾〉第3期に参加。同再生塾第3期有志による旅行批評誌「ロカスト」編集部、批評誌エクリヲ編集部に所属。第三回ゲンロンSF新人賞 「猫を読む」で東浩紀賞受賞。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA