AIあるいは仮想通貨を題材に短編を書け

ある意味でベタなこの課題、出題者である東浩紀さんによると、次のような意図があるようです。

いやいや、むろん、ぼくだってわかってます。きっとみなさんのなかには、ぼくなんかより科学知識の豊富なかたがいて、そんな手垢のついたネタよりもっと知的でわくわくする話題があるよ、そっちこそ本当の最先端だよ、人類を変えるんだよと言いたいひとが多いにちがいありません。そりゃそうに決まっている。科学の世界は広大ですからね。けれども、ほら、みなさんは「プロ」を目指すわけです。プロとはなにか。それはアマチュアを相手にする人々です。プロの作家とは、同僚の研究者向けに小説を書くのではなく(そういうひともいるのですが)、一般読者に向けて、「彼らが想像する最先端」を書かなきゃいけない職業です。そもそもプロになったら、週刊誌や新聞にも書かなければいけない。担当記者や編集者は、準惑星と小惑星の区別もついていないし、ウィルスと細菌の区別もついていないかもしれません。現実はそんなもんです。そしてそんななか、SF作家というだけで、AIや仮想通貨にも詳しいとカンチガイされ、コメントを求められる時代が来るわけです(来ないかもしれないけど)。そのときの準備をいまからしておこう、ということですね!

というわけで、2018年ならではの、AIあるいは仮想通貨ネタの楽しい短編を期待しています!

さて、プロ作家としてエンターテインメントに徹したと評価されるのはどんな作品でしょうか?

メインパーソナリティーを務めるのは前回に続いて高橋文樹、そして第2回ゲンロンSF新人賞受賞者のトキオ・アマサワ。ゲストにはSF創作講座OBでありメフィスト賞受賞者でもある名倉編さんをお迎えしています。

ざっくり結果だけ

今回は実作がなかったので、梗概全てに言及しました! これから一年間よろしくお願いします。

AIあるいは仮想通貨を題材に短編を書け
ダールグレンラジオ #3

 
 
00:00 / 2:26:06
 
1X
 

投稿者:

高橋 文樹

小説家。ゲンロンSF創作講座に一期生として参加し、ゲンロンSF新人賞飛浩隆特別賞を受賞。Webプログラマー、DIYerなどの多様な側面を持つ。

コメントを残す