SF創作講座応援番組「ダールグレンラジオ」#5-8実作篇「何かを食べたくなるお話を作ってください」

「ゲンロン 大森望 SF創作講座」の提出作品について、非受講生が勝手に応援するポッドキャスト番組「第五期ダールグレンラジオ」です。メインパーソナリティーは、SF創作講座四期卒業生の遠野よあけと、同じく四期卒業生の稲田一声です。

今回は第8回実作篇。通常課題としては最後の実作となります。「何かを食べたくなるお話を作ってください」という課題の全実作についてコメントしています。

【課題全文・実作一覧はこちら】
https://school.genron.co.jp/works/sf/2020/subjects/7/
【裏SF創作講座(ファンサイト)では作品に投票することもできます】
https://genron-sf-fun.herokuapp.com/2020/7

■タイムシート

〇オープニング
(0:00:00)ごあいさつ
※OPのBGMが流れている間、すこし聞こえづらいところがあります。
(0:01:20)最終実作(縦書き文書)の体裁・表記について

【菅浩江先生のNote】
・原稿を書くときの一応の決まり
https://note.com/hiroe_suga/n/n72a5b9d2be09
・原稿を書くときの一応の決まり~実例編
https://note.com/hiroe_suga/n/n13e24560603d

〇実作コメント
(0:11:00)今野明広「西太后の朝食」
(0:32:10)長谷川 京「忘れがたき未確(ミカク)」
(0:50:10)岸辺 路久「焼き芋銀河」
(1:03:30)岸田 大「糠を継ぐもの」
(1:20:30)中野 伶理「追憶の味を求めて」
(1:34:30)宿禰「林檎でおやすみ」
(1:49:30)去場 司「彼らは何故、透明で無味無臭なキノコを好んで食べたのか?」
(2:10:30)邸 和歌「持続可能なトビ方」
(2:25:50)吉羽善「舌先の時差に約束を」

〇エンディング
(2:35:30)裏SF創作講座のサイトを見てみよう
・「何かを食べたくなるお話を作ってください」の実作で投票されている作品は?
・現時点で、裏SF創作講座において梗概・実作の得票数が一番多い受講生は?
(2:43:20)次回予告
・最終実作篇ゲストの紹介とおたより募集のお知らせ

※タイムシートの時間はだいたいの目安です(再生環境や再生開始時のシークバーの位置によって時間表示にずれが生じる場合があります)

■予告

次回のダールグレンラジオはいよいよ「最終実作篇」……の前に、なんと「おたより篇」が来ます。週の半ばに収録して、今週末には公開できたらと考えているので、最終実作執筆の息抜きに聴いていただければ幸いです。実作を複数作提出している人は、なんらか関係してくると思われます。

ご意見ご感想は随時募集しています。下記おたよりフォームをご利用ください。

■第五期ダールグレンラジオおたより投稿フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfi8vUl7RR58yKFa45b6eNbobyg0FxkYsacdb9YOxzs-z1IDQ/viewform
(番組内で読み上げないほうがいいものは、そのことを明記して頂けると助かります)

それでは、第五期受講生のみなさん、最終実作の執筆がんばってください!!

ダールグレンラジオ
SF創作講座応援番組「ダールグレンラジオ」#5-8実作篇「何かを食べたくなるお話を作ってください」
/

投稿者:

稲田一声

稲田一声(いなだ・ひとこえ)。SF創作講座第4期受講生・第5期聴講生。「おねえちゃんのハンマースペース」で第4回ゲンロンSF新人賞東浩紀賞を受賞。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA