SF創作講座応援番組「ダールグレンラジオ」#5-5梗概篇(1)「「何か」が増えていく、あるいは減っていく物語を書いてください。」

「ゲンロン 大森望 SF創作講座」の提出作品について、非受講生が勝手に応援するポッドキャスト番組「第五期ダールグレンラジオ」です。メインパーソナリティーは、SF創作講座四期卒業生の遠野よあけと、同じく四期卒業生の稲田一声です。

 今回は第5回梗概篇。「「何か」が増えていく、あるいは減っていく物語を書いてください。」という課題の全梗概についてコメントしています。前回の梗概篇と同様、2つに分割してお送りします! こちらはパート1です!

【課題全文・提出作品一覧はこちら】
https://school.genron.co.jp/works/sf/2020/subjects/5/
【裏SF創作講座では作品に投票することもできます】
https://genron-sf-fun.herokuapp.com/2020/5

■タイムシート

〇オープニング
(0:00:00)ごあいさつ
(0:01:40)今回の課題「「何か」が増えていく、あるいは減っていく物語を書いてください。」について

〇梗概コメント前半
(0:08:30)今野明広「コロボックル帝国、その隆盛と滅亡」
(0:20:45)灰色朱色「置いていく泥棒」
(0:33:45)六角大輔「チタニウムの雪原」
(0:42:45)夢想 真「虫のお告げ」
(0:51:10)あいだ「名探偵が死にすぎる」
(0:58:10)フジキ ヒデキ「アンプラグド」
(1:13:35)葉々「あなたの可能性について」
(1:23:40)原 里実「蘇生樹」
(1:36:30)長谷川 京「絡み合う生命(イノチ)の価値」
(1:55:30)駆乱 直之「限界領域」
(2:05:30)岸辺 路久「幸せな子どもたち」
(2:18:30)岸田 大「わたしがぼくになるまでの1/6」
(2:33:35)田場 狩「悲鳴」
(2:43:05)近田 夏海「セレネット・タウン」
(2:50:40)西村 真「わずか五度の差」
(3:08:35)茂木直人「我らの米は世界一」
(3:14:05)中野 伶理「幸せの分割」
(3:24:30)根岸十歩「ママが還るところ」
(3:31:45)園田陽「NEXT PROGRAM」
(3:48:20)オチノ ニト「九姉妹殺し」
……つづきはパート2で!

※タイムシートの時間はだいたいの目安です(再生環境や再生開始時のシークバーの位置によって時間表示にずれが生じる場合があります)

■予告

 現在、「#5−5実作篇」の遠野・稲田パート収録のスケジュール調整中です。揚羽はなさんにご参加いただいたゲストパートと合わせて、公開までもうしばらくお待ちいただければと思います。

 また、#5-5梗概篇パート2(つまり次の記事のラジオ)の最後ではダルラジ特別篇(?)的なものを予告しているので、そちらもご確認いただければ幸いです……!

 ご意見ご感想は随時募集しています。下記おたよりフォームをご利用ください。

■第五期ダールグレンラジオおたより投稿フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfi8vUl7RR58yKFa45b6eNbobyg0FxkYsacdb9YOxzs-z1IDQ/viewform
(番組内で読み上げないほうがいいものは、そのことを明記して頂けると助かります)

 それでは、第五期受講生のみなさん、梗概・実作がんばってください!!

ダールグレンラジオ
SF創作講座応援番組「ダールグレンラジオ」#5-5梗概篇(1)「「何か」が増えていく、あるいは減っていく物語を書いてください。」
/

投稿者:

稲田一声

稲田一声(いなだ・ひとこえ)。SF創作講座第4期受講生・第5期聴講生。「おねえちゃんのハンマースペース」で第4回ゲンロンSF新人賞東浩紀賞を受賞。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA