SF創作講座応援番組「ダールグレンラジオ」#5-5梗概篇(2)「「何か」が増えていく、あるいは減っていく物語を書いてください。」

「ゲンロン 大森望 SF創作講座」の提出作品について、非受講生が勝手に応援するポッドキャスト番組「第五期ダールグレンラジオ」です。メインパーソナリティーは、SF創作講座四期卒業生の遠野よあけと、同じく四期卒業生の稲田一声です。

 今回は第5回梗概篇。「「何か」が増えていく、あるいは減っていく物語を書いてください。」という課題の全梗概についてコメントしています。前回の梗概篇と同様、2つに分割してお送りします! こちらはパート2です!

【課題全文・提出作品一覧はこちら】
https://school.genron.co.jp/works/sf/2020/subjects/5/
【裏SF創作講座では作品に投票することもできます】
https://genron-sf-fun.herokuapp.com/2020/5

■タイムシート

〇梗概コメント後半
(0:00:00)本所あさひ「骨壺の届く場所で」
(0:11:20)ささき えり「この中に犯人と座敷童がいる」
(0:30:20)織名あまね「穢土ワット・魂の座」
(0:42:30)伊達 史朗「膨張性超々炭水化物」
(0:50:30)かわのさきこ「発火点」
(1:05:15)宿禰「流しの星」
(1:14:00)山森 衛「清掃ボランティアのその理由」
(1:23:30)去場 司「蟻率(アントレシオ)・オーバーシュート」
(1:41:20)継名 うつみ「すべての愛しいイナリたち」
(1:49:00)馬屋 豊「おらが村のノア」
(2:02:25)和崎 藤丸「夏の残影」
(2:16:20)邸 和歌「エンディングノート」
(2:32:10)矢野七味「並行家族 さよなら、東京。。。。。」
(2:48:00)牧野楠葉「13名の美しい隆」
(3:06:05)吉羽善「三つ指をついた獣たち」

〇エンディング
(3:16:10)裏SF創作講座での投票結果を見てみよう
(3:26:25)次回の課題「「アクション」「スピード感」いずれかを入れたものを書いてください。」について
(3:36:30)ダルラジ今後の予定&おたより募集のおしらせ

※タイムシートの時間はだいたいの目安です(再生環境や再生開始時のシークバーの位置によって時間表示にずれが生じる場合があります)

■予告

 現在、「#5−5実作篇」の遠野・稲田パート収録のスケジュール調整中です。揚羽はなさんにご参加いただいたゲストパートと合わせて、公開までもうしばらくお待ちいただければと思います。

 また、#5-5梗概篇パート2(つまりこの記事のラジオ)の最後ではダルラジ特別篇(?)的なものを予告しているので、そちらもご確認いただければ幸いです……!

 ご意見ご感想は随時募集しています。下記おたよりフォームをご利用ください。

■第五期ダールグレンラジオおたより投稿フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfi8vUl7RR58yKFa45b6eNbobyg0FxkYsacdb9YOxzs-z1IDQ/viewform
(番組内で読み上げないほうがいいものは、そのことを明記して頂けると助かります)

 それでは、第五期受講生のみなさん、梗概・実作がんばってください!!

ダールグレンラジオ
SF創作講座応援番組「ダールグレンラジオ」#5-5梗概篇(2)「「何か」が増えていく、あるいは減っていく物語を書いてください。」
/

投稿者:

稲田一声

稲田一声(いなだ・ひとこえ)。SF創作講座第4期受講生・第5期聴講生。「おねえちゃんのハンマースペース」で第4回ゲンロンSF新人賞東浩紀賞を受賞。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA