「天皇制」、または「元号」に関するSFを書きなさい。

ご存知の通り、今上天皇の譲位により、2019年の5月から新しい元号に変わります。平成という時代が終わるまでの数ヶ月、「天皇制」とは何か、「元号」とは何か、国民全員が改めて考える時期となるでしょう。
こういった内容に踏み込んで自由に創作できるのは、今だけです。
かなり限定されたテーマですので、「天皇制」や「元号」については可能な限り広義の意味で解釈して構いません。これらの概念を抽象化するのもいいし、遠未来や宇宙人の架空の「天皇制」について書くもの面白いでしょう(もっというのであれば、「SF」についても、広義の意味で構いません)。必要とされるのは、SFを通じて初めて可能になる視点から、「天皇制」や「元号」について真摯に考えることです。
非常に難しいテーマであることは承知していますが、受講生のみなさんの野心的な作品をお待ちしております。

小川哲

そ、そんなことを言われても……。というわけで、今回は近々終わりを迎える平成に関したエピソードです。はたして、ゲンロンという場でこの難しいテーマをどのように料理するのでしょうか?

ざっくり結果だけ

梗概

実作

国分寺崖線「マリオネット俳優


果たして我々の予想はあたるでしょうか? 今回は選外の実作にも優れたものがあったので、そちらにも言及しています。

本日開催のSF創作講座では、Sci-Fire 2018の販売も行いますので、なにとぞよろしくお願いいたします。

「天皇制」、または「元号」に関するSFを書きなさい。
ダールグレンラジオ #3

 
 
00:00 / 1:29:45
 
1X
 

投稿者:

高橋 文樹

小説家。ゲンロンSF創作講座に一期生として参加し、ゲンロンSF新人賞飛浩隆特別賞を受賞。Webプログラマー、DIYerなどの多様な側面を持つ。

コメントを残す