最終課題「ゲンロンSF新人賞」【実作】

今回はSF創作講座の一年を締めくくるゲンロンSF新人賞の実作講評です。最終候補に残った七名を中心に評論。候補作はすべてゲンロンのサイトで読むことができます。

今回の話題

参加者はいつもの高橋文樹、トキオ・アマサワに加え、櫻木みわ、名倉編、升本、麦原遼の6名でお送り。

  1. トキオ・アマサワさん、斧田小夜さん創元SF短編賞おめでとう
  2. 琴柱遥さん、講座受講中にデビュー!

などなど、近況報告も少し行なっています。

評価

今回は最終候補作への評価をつけました。結果は聞いてみてのお楽しみ。「誰が受賞しそうか」ではなく、「誰を推すか」で点数をつけてみました。

最終講評では、ダルラジ賞を6作(!)に贈呈しに参りますので、お楽しみに!

SFマガジン 2019年 06 月号

SFマガジン 2019年 06 月号書籍

価格¥ 1,320

発行早川書房

発売日2019年4月25日

カテゴリー雑誌

琴柱遥さん「讃州八百八狸天狗講考」が掲載されてます!

Supported by amazon Product Advertising API

最終課題「ゲンロンSF新人賞」【実作】
ダールグレンラジオ #3

 
 
00:00 / 2:09:52
 
1X
 

投稿者:

高橋 文樹

小説家。ゲンロンSF創作講座に一期生として参加し、ゲンロンSF新人賞飛浩隆特別賞を受賞。Webプログラマー、DIYerなどの多様な側面を持つ。

コメントを残す