第四期最終課題ゲンロンSF新人賞(梗概:後半+第9回実作)

ゲンロン 大森望 SF創作講座」の提出作品について、非受講生が勝手に応援するポッドキャスト番組「ダールグレンラジオ」。

第10回の放送の後半です。梗概感想の後半と、第9回の実作について話しています。

第9回、高山羽根子さんの課題で提出された実作について取り上げています。

・天王丸景虎「座敷封司の鬳」

・安斉樹「Plutonic? Plastic」

・稲田一声「光子美食学」

第四期最終課題ゲンロンSF新人賞(梗概:後半+第9回実作)

 
 
00:00 / 1:13:57
 
1X
 

投稿者:

イトウモ

イトウモ

1990年生。劇団の主宰、塾講師、新聞記者などを経て〈ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾〉第3期に参加。同再生塾第3期有志による旅行批評誌「ロカスト」編集部、批評誌エクリヲ編集部に所属。第三回ゲンロンSF新人賞 「猫を読む」で東浩紀賞受賞。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA