「「取材」してお話を書こう」

ゲンロン 大森望 SF創作講座」の提出作品について、非受講生が勝手に応援するポッドキャスト番組「ダールグレンラジオ」。

第4期第7回はSF創作講座3期生・伊藤元晴(@gomzo__i) 一人回の2回目。今回はゲストで三期生の茶里裕治さん(@sarieyuji)、進藤尚典さん(@yorunoyogiri)、前回に引き続き三期生・斧田小夜(@pigya)をお招きしました。

今回は第7回の梗概と第6回の実作について語りました。梗概は30作提出のうち、推薦梗概3作ずつ(計7作)、実作は選出実作2作他について話しています。

第4期第7回のテーマは小川哲さん出題の「「取材」:してお話を書こう」です。今回は受講生それぞれのどんな「遠さ」が描かれたでしょうか。

収録内容

◆第7回梗概

について話しています

◆第4回実作

ダルラジでは東京ニトロさん「渦を追う」のほうに評判が集中しました。講座も後半戦。来週の本戦ではどうなるでしょう。

選出作以外にもいくつかコメントしています。今年最後の会、人数多めで賑やかにコメントしております。(伊藤)

「「取材」してお話を書こう」
ダールグレンラジオ #4

 
 
00:00 / 1:35:14
 
1X
 

投稿者:

イトウモ

イトウモ

1990年生。劇団の主宰、塾講師、新聞記者などを経て〈ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾〉第3期に参加。同再生塾第3期有志による旅行批評誌「ロカスト」編集部、批評誌エクリヲ編集部に所属。第三回ゲンロンSF新人賞 「猫を読む」で東浩紀賞受賞。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA